ブログ

口腔ヘルペス

2016年10月11日


口腔ヘルペスは感染力が強いウイルスですが、製薬会社のインターネットアンケートとによると、

感染確率は10%と低い数字が出たそうでう。

それは、日本人の9割の人が単純ヘルペス抗体を持っているからです。

 

10代の抗体保有率は、6人に1人で17%

30代になると、2人に1人で50%と増加します。

最初の感染では、症状が出ずに感染していることにも気がつかない事が多いそうです。

抗体がある場合は、症状が出ないか症状が出ても軽く済む事が多いので

インターネットアンケートの数字だけでは判断出来ないようです。

口唇ヘルペスの症状が現れている時は、ウイルスの量も多く感染力も強くなっています。

症状の水ぶくれは、1〜2週間で消え症状も治まります。その時ウイルスは、神経の奥に隠れてしまいます。

この潜伏期間では感染はおきません。

うつる確率が低いのはともかく、ウイルスの繁殖が活発な1〜2週間は注意が必要なです‼️



さくら歯科口腔外科クリニック

医療法人社団桜尚会さくら歯科口腔外科クリニック

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-16-1 アルファボックスビル4F
東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

TEL:047-314-8820

 
10:00〜20:00×

▲…日曜・祝日は10:00〜17:00
休診日:毎週火曜日・年末年始等

ページの先頭へ