市川市行徳駅前の歯科・歯医者なら さくら歯科口腔外科クリニック
一般歯科 口腔外科 小児歯科

市川市行徳駅前の歯科・歯医者なら さくら歯科口腔外科クリニック

ブログ

噛む力🦷

2020年11月07日


行徳駅前の歯医者さん🦷

さくら歯科口腔外科クリニック🌸

 

今日は噛む力についてお話しします。

私たちが毎日する食事は、食べ物を上下の歯でしっかり噛むことによって味わいながら食事を楽しむことができます🍚

 

最近の食生活は硬い物よりも、柔らかい物をとる傾向にあります。

柔らかい物ばかりだと噛む回数が少なく食べることができるため、顎の筋肉や骨が十分に成長できないこともあります。

噛む力は歯の健康だけでなく、体や心の健康にも重要な役割を担っているのです。

 

 

①美味しく食べられる

天然歯は噛む力が強く、何でも不自由なく食べることができるため美味しく食事を楽しむことができます。しかし虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、失った歯の代わりに入れ歯やインプラントなど失った歯を補うことで、歯の機能を取り戻すことができます。

 

②老化や認知症を防ぐ

噛むことで脳に直接刺激が伝わるため、脳が活性化されます。さらに噛む力が強ければ、筋肉の低下を予防することができるため、高齢者の転倒や寝たきりの防止や、脳の活性化により、認知症を防ぐことにも繋がるのです。

 

③唾液分泌の促進

しっかりと噛むことで、唾液量が増えます。唾液には浄化作用や殺菌作用があるため、口腔内の細菌の繁殖を防ぐ役割もしています。また虫歯や歯周病になりにくくするだけでなく、インフルエンザなどの外部からのウイルスの感染から守ってくれる働きもあるのです。

④肥満を防ぐ

しっかり噛むことで唾液の中にある消化酵素のアミラーゼが作用し、食べ物に含まれるデンプンなどを糖に分解してくれます。

それによって血糖値が上がるため、脳内の満腹中枢が働き、満腹感を得ることができるので、食べ過ぎを防止することができるのです。

 

⑤誤嚥性肺炎の予防

高齢になると筋力や感覚が低下してしまうため、食道を通って胃に入る食べ物が、誤って気管に入って肺へと吸引されることで、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまうことがあります。

食べ物を食べる際に細かく噛み砕くだけではなく、唾液と混ぜ合わせて飲み込みやすい形にするため、誤嚥性肺炎を予防できます。

 

美味しく食べるためにも噛むことはとても重要です。

噛む力が弱くなってきたり、左右両方の歯で噛まなかったり気になる方は是非

さくら歯科口腔外科クリニックへ🌸

 



*WEBは24時間受け付けております
*お電話は月・水~土午前10:00-14:00
午後15:00-19:00
祝日10:00-17:00