市川市行徳駅前の歯科・歯医者なら 行徳さくら歯科口腔外科クリニック
一般歯科 口腔外科 矯正歯科 小児歯科
ブログ

発達検査の種類とわかること、検査をする上で大事な考え方とは?〜 遠城寺式乳幼児発達検査編 〜

2024年07月02日


東京メトロ東西線行徳駅徒歩1分の歯医者さん
行徳さくら歯科口腔外科クリニック・ことばの発達支援ルームの言語聴覚士です!

以前からご紹介している発達・知的検査ですが、今回で最終章となります。
前回までの検査内容についても併せてご覧ください。

 

【発達検査の種類】

発達検査って必要?どんなことして何がわかるのか?〜 国リハ式編 〜

発達検査って、ほかに種類があって何がわかるのか?〜 PVT-R絵画語彙発達検査編 〜

行徳さくら歯科での発達検査の種類とわかることを解説します 〜新版構音検査編〜

当院が行う知能検査と分かる事を簡単に解説 〜田中ビネー知能検査編〜

 

それではご紹介いたします!

 

遠城寺式乳幼児発達検査とは

1960年に遠城寺宗徳氏、梁井昇両氏によって考案された発達検査です。
こどもの様子(行動観察)を見ながら、【運動】【社会性】【言語】の面で発達を確認する検査を行います。

どのように確認をするのかと申しますと、

【運動】
移動運動:寝返りをする,歩行など
手の運動:手を出して、物を掴む,直線を引くなど

【社会性】
基本的習慣:食べ物をこぼさずにひとりで食べる,入浴時、自身で身体を洗うなど
対人関係:鏡に映った自身の姿に反応する,褒められて同じ動作を繰り返すなど

【言語】
発語:人間に向かって声を出す,自分の名前を言うなど
言語理解:「おいで?,ちょうだい」の意味を理解できる,絵本などを見て指さしできるなど

 

このように、遊びやそのほかのやり取りをしながら、見ていく検査なので、一緒に共有しながらできます。

 

検査
「何か診断をつける」
ために行うのではなく、
「こどもが今、どんな成長をしていて、どんな働きかけが、大人に必要なのか」
がわかるものが検査です。

 

今回の発達検査のみならず、上記内容以外のことでも、お気軽に当院までご相談ください。

 

*お問い合わせ*

 

 

今回は、「遠城寺式乳幼児発達検査」についてお話させていただきました。

 

今後もこのように、ことばに関して、みなさんが気になることなどを詳しくお話させていただきます。
当院をご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

※当院では健康保険が利用できるほか、千葉県にお住まいの方の場合は、 月の回数制限なしで、300円/回程度で通院が可能、療育との併用も可能です。 少しでも気になる方は、当院までお気軽にお問い合わせください。

 

【ことばの訓練を行っている様子】

患者さんへの撮影及び掲載許可は取得済みです。


下記よりご来院予約をお取りください

*WEBは24時間受け付けております
*お電話は月~土 午前10:00~14:00
午後15:00~18:00

  • 電話予約
  • WEB予約
  • お問い合わせ
  • オンライン診察

スマホ診察券

各種お支払い_pc各種お支払い_sp