ブログ

白い歯への選択肢

2018年11月09日


行徳駅前のさくら歯科口腔外科クリニックです。

「昔入れた銀歯が気になる」「金属ではなく白い歯を入れたい」など患者様の希望が多く聞かれます。

金属ではない白い歯を入れるためには、材質をプラスチックかセラミックスに変更する必要があります。

金属の最大の特徴は、「割れにくい」「壊れにくい」つまり頑丈ですが、そのギラギラした色はやはり気になるものです。

一方でセラミックスは「セトモノ」「陶材」と呼ばれるもので色あいが自然であるのに対し、金属に比較すれば欠けたり割れたりする可能性があります。

プラスチック系の材料は、たしかに金属に比べれば自然体の色となりますが、割れたり、削られたりとその脆さが心配です。

これらの材料は保険診療と自由診療で明確に使用可能は材料が定められています。近年では保険適応となる白い歯の選択肢が増えていますが、全ての患者さんと全ての症例に保険が適応できるわけではありません。定められたルールの中で、材質の選択を行う必要があります。

当院はこれらのルールの中で、患者さんとよく話し合い、保険か自費の選択を頂くシステムとなっています。

銀歯の劣化や色、カタチで気になる方は是非ともご相談にいらっしゃってください。

 



さくら歯科口腔外科クリニック

医療法人社団桜尚会さくら歯科口腔外科クリニック

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-16-1 アルファボックスビル4F
東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

TEL:047-314-8820

 
10:00〜20:00×

▲…日曜・祝日は10:00〜17:00
休診日:毎週火曜日・年末年始等

ページの先頭へ