ブログ

大人も子供も同じ。

2018年03月04日


みなさんこんばんは🌛

本日は歯肉炎』についてです

皆さんご存知とは思いますが

歯肉炎は歯と歯ぐきの境目にプラーク(歯垢)が

あると歯ぐきに炎症が起こります。

歯ぐきが赤っぽい歯磨きしたあとに出血がでる

歯と歯の間の歯ぐきが三角になっている部分が

ぶよぶよしているなどの症状がみられます👿

 

歯肉炎は大人しかならない病気と

思われがちですが実は小さなお子さんにも

同じ症状が起こるんです⚠️

小児のドクターのアシストしている時に

「子供も歯肉炎になるの?!」と言う

お母さんをよく耳にします。

 

子供が歯肉炎になりやすい時期は

乳歯がはえそろう1歳7か月~2歳半にかけてです☝️☝️

 

永久歯にかわる時期も危険です!

歯肉炎を放ってしまうといずれ歯を支える骨が

溶かされる歯周炎まで進行いたします!

 

子供の歯磨きが

大事というのがよく分かったと思います!!

子供の頃から歯を大切にしないと大人になってから

歯がボロボロなんてこともあります💀

 

歯磨きのし方がイマイチだなという

お子さんがいるお母さんや、

今さらだけれどもう一度歯ブラシの当てかたを

見直してみようという大人の方も

ぜひスタッフやドクターにお声かけください🙋🌸

大人の方は歯科衛生士さんによるブラッシング指導、

お子さんは小児のドクターがお教えします!

 

 

 

 

 

 

 

 



さくら歯科口腔外科クリニック

医療法人社団桜尚会さくら歯科口腔外科クリニック

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-16-1 アルファボックスビル4F
東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

TEL:047-314-8820

 
10:00〜20:00×

▲…日曜・祝日は10:00〜17:00
休診日:毎週火曜日・年末年始等

ページの先頭へ