ブログ

歯の役割と仕組みについて

2016年11月05日


歯は、身体にとってとても大事な役割をしています。

食事やおやつの時に食べ物を細かく噛み砕いて

消化しやすくする役割の他に実は「発音を助ける

表情を作る」「体のバランスを保つ

物を噛む事で脳に刺激を与える」など

私たちの毎日の暮らしにとても大切な役割をしています。

永久歯は「親知らず」を含めて全部で32本あります。

それぞれ異なる役割を持っています。

奥歯は、永久歯のなかで一番大きく

嚙む力も一番強く噛み合わせの基本になる

大切な歯です。

奥歯を1本失うと物を噛む力は

30%~40%も低下して食べ物の消化も

悪くなってしまいます。

奥歯は虫歯になりやすい歯でもある為

積極的な虫歯予防が必要です。

歯には、平均寿命がある事をご存知でしょうか?

奥歯は、大切な役割があるのにその寿命が最も

短い歯とも言われています。

前歯は約50~60年と言われていますが

奥歯は、前歯よりも10年以上も早く抜けてしまいます。

厚生労働省の調べによると、日本人の平均寿命は

男性が80歳、女性が86歳ですので

身体と歯の平均寿命を比べると

10~20年程度の差があることがわかります。

歯は、大切にケアをする事で長く使うことができます。

 



さくら歯科口腔外科クリニック

医療法人社団桜尚会さくら歯科口腔外科クリニック

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-16-1 アルファボックスビル4F
東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

TEL:047-314-8820

 
10:00〜20:00×

▲…日曜・祝日は10:00〜17:00
休診日:毎週火曜日・年末年始等

ページの先頭へ