ブログ

歯の生え変わりについて

2016年10月26日


さくら歯科口腔外科クリニックです。

今日は、乳歯の生え変わりについてお話したいと思います。

乳歯は、身体の成長に伴ってアゴも成長し、

6才頃〜12才頃にかけて

『乳歯』から『永久歯』へと生え変わっていきます。

生え変わりは個人差が大きく

5才くらいから始まる子もいれば

14才になっても乳歯が残っている子もいますので

前後2年くらいは、範囲の中だと思って下さい。

乳歯は、後から生えてくる永久歯のスペースを

確保する役割があります。

乳歯が虫歯で早く抜けてしまうと

後から生えてくる永久歯の隙間がなくなり

歯並びを悪くしてしまいます。

乳歯は、下から生えてくる永久歯の刺激を受けて

外からと神経によって中から溶けていきます。

なので、乳歯が虫歯で神経が無くなると

乳歯の神経が無くなる中から溶けることができないので

なかなか抜けなかったり

乳歯を避けて横から出てきてしまう事があります。

ですから、乳歯の生え変わりは永久歯にとても

大きな影響を与えます。

タイミングよく乳歯が交換していけば

一生使う永久歯がきれいに生えてきます。

仕上げ磨きの時などにおかしいと思ったら

すぐにご相談ください。

明日10月27日(木)の診療時間は

10:00〜20:00までとなります。

朝、晩と寒くなってまいりましたので

お風邪などひかれませんように。



さくら歯科口腔外科クリニック

医療法人社団桜尚会さくら歯科口腔外科クリニック

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-16-1 アルファボックスビル4F
東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

TEL:047-314-8820

 
10:00〜20:00×

▲…日曜・祝日は10:00〜17:00
休診日:毎週火曜日・年末年始等

ページの先頭へ