ブログ

口腔癌の種類👿

2016年10月14日


 

さくら歯科口腔外科クリニックです!

 

今日は『口腔癌の種類について』

口腔癌とは、口腔内にできる癌の総称で

できる箇所によって呼び名が違います!

 

舌癌(ゼツ)・・・舌にできる癌のこと

歯肉癌(シニク)・・・歯茎にできる癌のこと

頬粘膜癌(キョウネンマク)・・・頬の内側(粘膜)にできる癌のこと

口底癌(コウテイ)・・・舌と下顎歯茎の間にできる癌のこと

上顎洞癌(ジョウガクドウ)・・・上顎の上にある空洞の場所にできる癌のこと

口蓋癌(コウガイ)・・・口の中の天井部分にできる癌のこと

 

この中で最も発生率が高いのが舌癌で、口腔癌全体の約60%を占めます。

その他の割合としては、

歯肉癌が約17%

口底癌が9.7%

頬粘膜癌が9.3%

上顎洞癌が7%

口蓋癌が6%

となっています。

 

ここで、最も発生率が高い舌癌をご説明します!

 

できる場所としては、主に舌の両サイドにできます。

前方や中央にできることはまずありません。

舌にできるため、早期発見のしやすい癌でもあります。

 

舌癌は10代~70代の幅広い年代にみられる癌で

特に40代以上に人に発症します。

発見が遅れると、味覚障害や発音障害、摂食嚥下障害等

さまざまな障害が残る場合があります。

 

 

年々、発症者・死亡者が増加しており、2002年のデータでは

1147名の方が亡くなっており、30年前に比べ、約2.7倍に増加しました。

 

 

初期の場合の生存確率は

90%以上の確率で障害を残すことなく回復できます。

 

5年生存できる確率は

50%以下で、粘膜に転移していなかった場合は予後良好です。

筋層浸潤のある場合は50%以下、

それより進展した場合25%以下になります。

 

リンパ節や骨に転移した場合は、予後不良。

肺に転移することもあります。

 

こうした病気にならないよう、

定期的な検診や治療をお勧めします。

お気軽にお電話ください!

 

*明日の診療*

明日10月15日(土)は、

午前中は院長が訪問診療のため、14:30~の診察になります。

予約は朝10:00から受け付けております。

ご相談・ご予約お待ちしています。

 

 

 



さくら歯科口腔外科クリニック

医療法人社団桜尚会さくら歯科口腔外科クリニック

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前2-16-1 アルファボックスビル4F
東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

TEL:047-314-8820

 
10:00〜20:00×

▲…日曜・祝日は10:00〜17:00
休診日:毎週火曜日・年末年始等

ページの先頭へ